小さなことなんです!ママがイクメンに望むこと

ママがイクメンに望むこと

パートナーがイクメンだったら、どんなにいいかと思ってしまうこと、子育て中のママなら誰でもあると思います。イクメンと言っても、いろいろと段階があるのではないかなという気もします。というのは、普段パートナーの帰宅が深夜で、出勤も早朝、週末もなんだかんだで家にいないというハードワークパパの家庭では、ママは完全にシングルマザー状態ですから、望むことと言えば、やっぱりたまには早く帰ってきて本当になんでもいいから子供と触れ合える時間を作って!という切実な願いだと思います。家事を手伝ってほしいとか、子供の世話をしてほしいというところまではいかなくて、ただただ子供と夫が触れ合う姿を見たい、と感じている人は多いのではないのでしょうか。

 

一方で、割と早めに帰宅できるパパの家庭なら、もう少し手伝ってほしいと思うママもいるでしょう。子育て中って何が一番つらいかというと、自分のペースで何かできるということが、まったく無いということです。食器洗いにしろ、掃除にしろ、途中で子供からお呼びがかかってちっとも捗らないというフラストレーションがありますから、そういうママの願うことは、何も手伝わないでいい、ちょっと子供を見てるか、できればどこか外へ連れ出してきて欲しい。その間にきっちり家事を終わらせられるから、というようなことだと思います。

 

イクメンと言っても、なにもオムツを変えて離乳食を作ってというところまで要求する人はそういません。イクメンになろうと思うと、なんとなくそういうところまでこなさないといけない気がしてハードルが高く感じますが、意外にママたちが一番望んでいることといえば、子供を外に連れ出してもらって、自分のペースで家事をしたり、一人の時間を楽しんだりさせてもらいたいということなのではないでしょうか。

 

子育てはどんなに子供がかわいくても、理屈の通用しない相手と一日中付き合っているのは、本当に骨が折れます。イライラもします。そんなママを精神的に支えてあげることが、イクメンパパの一番大事な役割なのではないかと思います。逆に言えば、どんなに子育てに熱心でなんでもできてしまうパパでも、ママを悲しませるような人は、あまり子供にとってもありがたくないのではないでしょうか。いつも一緒にいるママがハッピーなことは、子供の成長にとって一番大切なことなのですから。
イクメン11