これでママ大喜び!旦那さんに育児で手伝って欲しいことトップ4

旦那さんに育児で手伝って欲しいことトップ4

育児はお母さん一人だけではとてもこなすことのできない重労働です。朝から晩までまさに24時間365日の仕事なので完璧にこなしていたら、とても体力が持ちません。お母さんが、ゆったりと余裕を持った育児ができなければ、ついついイライラして子供を叱ってしまったり産後ウツになってしまったりして子供の成長にも影響を与えかねません。そういう時は、やはりお父さんにイクメンになってもらって、しっかり育児を一緒にサポートしてもらうことが不可欠になってきます。実際にお母さんが旦那さんに手伝ってもらいたいことは一体どういうものがあるのでしょうか。トップ4をご紹介します。小さなことなんです!ママがイクメンに望むこと

 

1.子供をお風呂に入れて欲しい

会社から早く帰ってきたり週末で時間がある時には、お風呂に一緒に入って体を洗ったりシャンプーをしたりというお世話をしてもらえると随分助かります。特に乳幼児ですと一人でお風呂に入ることはできませんから、入浴させるのは結構大変な仕事なのです。お母さんもたまにはゆっくりと湯船に浸かってリラックスすることも大切です。

2.夜中の授乳を交代で手伝って欲しい

特に生まれたての赤ちゃんは昼夜全く関係なく2時間から3時間おきの授乳が必要な場合がほとんどです。お母さんも、これに全部付き合っていたら寝不足で倒れてしまいかねません。せめてお父さんが休日は粉ミルクや絞って保存してある母乳を哺乳瓶で飲ませてあげてはどうでしょう。授乳を担当してあげることでお母さんがまとまった時間眠って体を休めさせてあげることが可能です。
イクメン8

3.おむつを替えて欲しい

かわいい我が子のうんちやおしっこが、たっぷりのおむつを替える作業が苦手なお父さんはかなり多いようです。しかし、こういったお手伝いも、お母さんにとってはとっても助かるものなのです。時間を問わず、赤ちゃんは排泄をします。気づいたらサッとすぐにおむつ替えをしてあげるのがイクメンです。

 

4.一緒に遊んで欲しい

週末はお父さんも、ゆっくりしたいのは仕事で疲れているので当然でしょう。でもお母さんは休日も無く育児をしているので条件的には全く同じですよね。ですからお休みの日にはお部屋で絵本を読んであげたり、おもちゃで一緒に遊んだり、公園に連れ出してベビーカーでお散歩などお手伝いできることはたくさんあります。その間に、お母さんは昼寝をして休んだり溜まった家事を済ませることもできるわけです。ぜひ協力をしてあげてください。