コレで完璧です!育児でこれだけは手伝って欲しい4つのこと

育児でこれだけは手伝って欲しい4つのこと

子供が産まれると、猫の手が借りたい程忙しい毎日です。
特に、産まれてから半年間は寝る時間もほとんどない程、家事に育児に24時間追われます。
そんな時に、ぜひイクメンの旦那様に手伝って欲しいのが、オムツ替えと赤ちゃんのお風呂、家事のちょっとした続き、そして何より夜泣きの時の抱っこです。
産まれたばかりの赤ちゃんのオムツ替えは、多い日で20回以上、母乳やミルクを飲ませるだけでも必死のお母さんを、ぜひサポートしてください。オムツのゴミも大量に出るので、ゴミ捨てもしてくれると心底助かります。オムツ替えも慣れてくるとすぐ終わるのでぜひやってみてください。

 

新生児の赤ちゃんのお風呂も、片手で支えて、片手で洗って…と本当にやってみると大変です。とても神経を使うので、短時間でも女性の腕で支えるのは一苦労です。ぜひ力がある男性にお手伝いして欲しいです。
家事の続きというのは、洗濯や料理など赤ちゃんのお世話をしていると、どうしてもやりかけのまま、その場を離れなければいけない時が何度もあります。そんな時、もし気づいたらちょっと洗濯物を畳んでくれたり、ちょっと野菜を切っていてくれたり…その、ちょっとした心遣いがとっても嬉しいです。
そして何より1番手伝って欲しいのが、夜泣きの時の抱っこです。
イクメン4
新生児のうちは母乳やミルクを欲しがり、赤ちゃんは泣いてることが多いのでお母さんに任せて頂いても大丈夫なのですが、断乳や卒乳をしようと日程を決めたその日から、出来るだけ夜中、赤ちゃんが泣いた時はお父さんが抱っこしてあげてください。赤ちゃんは、どうしても、ミルクの匂いがするお母さんに抱かれると母乳やミルクを欲しがって余計に泣いてしまいます。そんな時に、お父さんが抱っこしてくれると赤ちゃんも諦めがついてそのまま寝てくれたり、何より数時間置きの睡眠しか取れていないお母さんの身体がやっと休めるようになります。断乳や卒乳時も、夜中のお父さんの抱っこに赤ちゃんが慣れてくれるとスムーズに出来ます。
そして、夜中も頑張って起きて赤ちゃんを抱っこしてくれる旦那様を見て、安心した気持ちで育児も前向きにがんばれます。
毎日、育児に追われているお母さんの身体が少しでも休めるようお手伝いしてくれたら嬉しいです。頑張って!パパたちが嫌なおしめ替え